北海道室蘭市の解体業者の探し方!見積もりで相場を知って安い料金を選ぶのがおすすめ

解体業者 室蘭市北海道

実家が古くなり空き家になったまま放置していると老朽化が加速していきます。 空き家にしていると不審者が住み着いたり、空き巣に入られたりしてセキュリティー的にも良くないです。

わかっているけど、空き家を解体するのも費用が掛かるし、北海道室蘭市の解体工事をどこに頼んでよいのかもわからないので困っていませんか?

解体工事の相場が分からないですし、費用は数百万円かかることが多いです。

解体工事を北海道室蘭市の不動産や経由で頼むと、不動産や経由で解体業者にお願いすることになるので中間マージンの費用が高くなるので損をしますよ。

解体業者のトラブルの例

解体業者 トラブル

解体業者は、親切で適正価格の解体工事をしているとは限りません。
残念ながら悪徳業者も淘汰されていないのが現状です。

  • 不法投棄して廃棄物処理を適切に行っていない
  • 見積もり以外の多額の費用を請求された、
  • 解体工事の途中で追加費用が発生し、追加費用の支払いをしないと工事を中断する、
  • 解体工事の期間が計画通り終わらない、
  • 解体工事の作業員の態度が悪く、怖い
  • ご近所への挨拶なしで解体工事を始めた
  • 早朝や夜中に解体工事をする
  • 防音や粉じん対策しない

などのトラブルが発生することがあるようです。

特に、解体業者があなたの知らない所で、廃棄物処理を不法投棄すると、施主(依頼主)が罰せられるケースもあるので、優良業者を何としても探さないといけないと感じてます。

テレビのコマーシャルやラジオのCMで信頼できそうに感じる住宅のハウスメーカーや家を買った不動産屋さん、近所の不動産屋さん、リフォーム会社に相談することが多いと思います。

逆に信頼できる人を探す方法が分からないと感じていませんか?

解体業者に直接見積もりを出すことで、中間マージンや解体に必要な重機の手配、運搬費、廃棄物の処理費用など、明瞭会計に近づくと思います。

でも、解体業者の探し方が分からないと思いますので、北海道室蘭市の解体業者の探し方をシェアしますね。

北海道室蘭市の解体業者の探し方

解体業者 探し方

一番初めに言えることは、あなたの地域の解体業者さんに2~3社の解体工事の見積もりを取ることです。

解体業者に相見積もりを取るのは『MUST』絶対にするのがおすすめです

解体業者に見積もりを取るポイントはこちらです。

  1. 必要のない数十万~数百万単位の高額費用の回避
  2. 中間マージンの削減
  3. 重機を所有,運搬費用、レンタルしているかで価格比較できる
  4. 解体業者の一般的な工事期間の見極め
  5. フォローや対応レベルの見極め
  6. 不法投棄しないことの念押しができる
  7. ご近所のトラブルの心配事を確認できる
  8. ずさんな工事をしない事例を知ることができる
  9. 行政への届け出の有無、保険加入有無のアドバイスを受けられる。
  10. 家の中の廃材についての見積もりがある。

では、実際に北海道室蘭市の解体業者に見積もりを取る方法についてシェアします。

解体業者に見積もりを取るメリットデメリット

解体業者に見積もりを取りたいけど、取り方が分からないですよね。

解体業者は普通の人は馴染みがないので、タウンワークで解体業者と調べて直接電話するのは勇気がいると思います。

解体業者に見積もりを取るメリット

  1. 適切な費用で解体工事ができる
  2. 廃棄物を不法投棄しないことを確認できる
  3. 費用だけでなく、人柄、フォロー、仕事に対する姿勢を知れる

解体業者に見積もりを取るデメリット

  1. 優良な解体業者を探すのが大変
  2. 複数の見積もり対応するのが大変
  3. 無知な素人だと解体業者の言うことを理解できないことがある。

解体業者の探し方のおすすめ

地元の北海道室蘭市の解体業者をタウンワークで探すのも良いですが、今はインターネットを使って、解体業者から直接相見積もりを取るのはどうでしょう。

大まかですに、解体業者を選び出してから解体工事が終了するまで1か月から1.5か月ほどが目安です。

しかし、解体業者に関連するトラブルが多く起こっており、国民生活センターが2014年に解体業界に注意喚起を行っています。

近年は、空き家問題やオリンピックによる解体工事が一万件ほど工事件数が増えています。
年間で16万6千件ほどの解体工事が行われていています。

そのため、近年は、一か月以内で解体工事をしてくれる解体業者を探しにくくなっています。

そのため、解体工事に特化したところで相見積もりを取るのが便利です。

でも、どこでもよいか?というとそうでもないです。

単純に複数の解体業者に見積もり依頼するところも多いので注意してください。

失敗しない解体工事の見積もりと工事完了の流れをシェアします。

解体工事するまでの流れのイメージ

空き家

見積もりする解体業者を探す→見積もり依頼→現地調査→見積もり書作成→見積もり検討→契約→近所に挨拶・粉塵対策の養生・足場工事→解体工事→整地→工事完了で一か月から1.5か月が目安です。

  1. 建物の種類
  2. 地域
  3. 解体工事する物件、構造、広さ、築年数
  4. 処分したい家財があるか? または家財の量は?
  5. 処分したい樹木、井戸、カーポート、物置、浄化槽、ブロック塀の有無
  6. 家の前の道路幅は?
  7. 隣の家との距離は?
  8. いつまでに解体工事したい?
  9. 解体工事の後の使い方は?
  10. 近隣挨拶、粉塵対策の養生の工事期間が含まれているか?

上記のようなことを意識しながら解体工事の合い見積もりをするのがお勧めです。

しかも、カスタマーサポート(専門アドバイザー)に相談できます。

  1. 業者からいきなり連絡来ることが一切ない
  2. 見積もり取得後も無償サポートがある
  3. 業者への無料キャンセルの代行も可能
  4. 厳選な審査基準を設けていてクリアした解体業者で相見積もりができる
  5. 解体工事後の土地の活用方法も相談できる

悩むのも大事ですが、まずは無料で相見積もりを確認してみるのはどうでしょう。

>>>無料で解体業者に相見積もりを取ってみる<<<

 

北海道室蘭市の空き家問題

空き家問題

管理人の両親も70歳を超えています。
実家は築50年以上になりました。
同時期に建てられた家が売りに出ている価格を見ると家の価格はゼロ円、解体費用を差し引いた土地の値段でした。
更地にすると、減税の対象にならないので空き家のまま放置する人が多いようです。
気を付ける必要があるのが、ニュースで目にする住めない壊れそうな空き家は固定資産税の税金が6倍ほどになるようです。

空き家対策特別措置法

空き家対策特別措置法は、住めない危険な状態の家や、周りの環境に影響を与えるほどの汚さ、空き家に見知らぬ動物や、人が住んでいるような状態になった空き家を所有している人に対して、各市町村が撤去、修繕の勧告・命令できます。

もし、所有者が、その勧告、命令に従わない場合は、50万円以下の過料が課せられる場合があります。

勧告を受けた時点で固定資産税の優遇が受けられなくなるので、ほとんどの人は対応を試みますが、解体費用が数百万円かかることも多く、解体したい気持ちがあるけどできない人たちもいます。

その場合、行政と相談することで、補助金を利用できる場合や、行政代行執行により行政が解体することがあります。

詳しくは、住んでいる地域の行政に相談するのがおすすめです。

参照先:空き家対策特別措置法

北海道室蘭市の空き家に解体に関する補助金

空き家 補助金

空き家問題は特に地方は深刻な状況になっています。
行政が主体になって補助金がある自治体が多いので解体工事を考えているなら解体工事をする家がある北海道室蘭市の役所に相談するのはどうでしょう。

例えば、室蘭市の場合をシェアします。

空家活用推進事業を拡大しました。予算に限りがありますので、お早目にお問い合わせください!

室蘭市内の空家の解消と定住促進のため、空家のリフォーム工事又は解体工事費の一部を助成します。

空家活用促進助成金交付要綱(PDF:152KB)

空家活用促進助成金の事業メニューは以下の3つです。

  1. 〇空家を解体して新築を建てたい方はこちら⇒「空家バンク解体助成事業」
  2. 〇空家をリフォームして住みたい方はこちら⇒「空家リフォーム助成事業」
  3. 〇近隣にある危険な空家を解体したい方はこちら⇒「老朽空家等活用支援助成事業」

住宅ローン「フラット35」を併用するとさらに金利を引き下げ
さらに、平成30年4月から、独立行政法人住宅金融支援機構との協定により、住宅ローン「フラット35」を併用した場合、金利が当初5年間、年0.25%引き下げられます。

要件などの詳細は独立行政法人住宅金融支援機構との【フラット35】子育て支援型・地域活性型協力協定のページをご覧ください。

空家バンク解体助成事業の概要

1_制度内容及び手続き方法
手引き⇒「空家バンク解体助成編」(PDF:930KB)

2_対象となる人は?
1_室蘭市空家バンクに登録している空家を購入し、その空家を解体する方

室蘭市空家バンクのページへ

2_上記空家を解体した跡地に、自分が住むための住宅を建設する方

3_市税等を滞納していない方

4_暴力団の構成員でない方

3_対象となる工事は?
建設業法(昭和24年法律第100号)第2条第3項に規定する建設業者又は建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成12年5月31日法律第104号)による解体工事業登録されている者が行う、空家およびその敷地内に附属する工作物(門、塀、樹木等)の解体工事。

4_対象となる条件は?
1_空家解体後10年間は売却をしないこと

2_居住誘導区域外においては解体後に居住を目的とした活用をしないこと

3_解体工事は年度内に完了すること

居住誘導区域の範囲を知りたい方はクリック

5_助成金の金額は?
対象工事費の2分の1、最大50万円を助成します。

6_提出書類は?
1_申請時の提出書類

提出書類
1 助成金交付申請書(様式第1号)(ワード:18KB)
2 市税等納入状況等確認同意書(様式第2号)(ワード:20KB)
3 事業計画書(様式第3号)(ワード:17KB)
4 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
5 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
6 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
7 請負契約書等の写し
8 現況の写真
9 対象空家等を取得したことを証明する書類(登記全部事項証明書又は土地・建物売買契約書の写し)
10 代理人が手続きを行う場合は委任状(様式第4号)(ワード:13KB)
11 申請者が施工業者に助成金の受領を委任する場合は助成金受領委任状(様式第5号)(ワード:21KB)
2_変更申請時の提出書類

提出書類
1 助成事業等変更承認申請書(共通様式第7号)(エクセル:18KB)
2 事業変更書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
4 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
5 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
6 変更となる工事の内容がわかる書類(図面等)
3_実績報告時の提出書類

提出書類
1 助成事業等実績報告書(様式第6号)(ワード:14KB)
2 事業実績書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)※変更があった場合のみ
4 助成金等精算書(共通様式第12号)(エクセル:20KB)
5 工事に係わる支出を証明する書類の写し
6 工事の完了後の写真(着工前と比較できるもの)
7 誓約書(様式第7号)(ワード:20KB)
8 同意書(様式第8号)(ワード:20KB)
9 助成金支払請求書(様式第9号)(ワード:20KB)又は(助成金受領委任支払請求書(様式第10号)(ワード:22KB)※交付確定後に提出
7_FAQ|よくある質問
FAQ|よくある質問(PDF:121KB)

 

空家リフォーム助成事業

1_制度内容及び手続き方法
手引き⇒「空家リフォーム助成編」(PDF:1,063KB)

2_対象となる人は?
1_対象空家等を自分が住むために取得した方

2_室蘭市内居住している方又は居住を予定している方

3_市税等を滞納していない方

4_暴力団の構成員でない方

3_対象となる工事は?
建設業法第2条第3項に規定する建設業者又は同法第3条1項ただし書に規定するものが住宅の安全性、居住性、機能性等の維持向上の為に行う200万円以上のリフォーム工事

対象となる工事内容については「助成金対象工事基準(PDF:377KB)」を確認してください。

4_対象となる条件は?
1_空家の期間がおおむね2年以上であること

(電気の解約若しくはガスの閉栓証明又は、水道の廃止届などで確認します)

2_対象空家建築時の着工日が昭和56年6月1日以降であること

(それ以前に建築された空家の場合、耐震性が確保されていることを証明する書類が必要です)

3_助成の対象工事費が200万円以上であること

4_対象空家は居住誘導区域内に位置すること

5_リフォーム工事は年度内に完了すること

次の住宅は対象外です。ご注意下さい!
1_相続又は3親等以内から取得した空家

2_居住誘導区域外に位置する空家

居住誘導区域の範囲を知りたい方はクリック

5_ここが一番気になるところ、助成金の金額は?
対象工事費5分の1、最大100万円を助成します。さらに、市内業者で住宅を新築すると、20万円加算されます。

【対象工事費の例による補助金額】

業者 対象工事費の例
190万の場合 250万の場合 500万の場合 800万の場合
市内
×
(200万未満は対象外)

70万 120万 120万
市外 50万 100万 100万
6_提出書類は?
1_申請時の提出書類

提出書類
1 助成金交付申請書(様式第1号)(ワード:18KB)
2 市税等納入状況等確認同意書(様式第2号)(ワード:20KB)
3 事業計画書(様式第3号)(ワード:17KB)
4 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
5 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
6 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
7 請負契約書等の写し
8 現況の写真
9 対象空家等を取得したことを証明する書類(登記全部事項証明書又は土地・建物売買契約書の写し)
10 代理人が手続きを行う場合は委任状(様式第4号)(ワード:13KB)
11 申請者が施工業者に助成金の受領を委任する場合は助成金受領委任状(様式第5号)(ワード:21KB)
12 おおむね2年以上居住その他の使用がない空家であることを証明する書類
13 昭和56年5月31日以前に建築された中古住宅の場合は耐震性が確保されていることを証明する書類
2_変更申請時の提出書類

提出書類
1 助成事業等変更承認申請書(共通様式第7号)(エクセル:18KB)
2 事業変更書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
4 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
5 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
6 変更となる工事の内容がわかる書類(図面等)
3_実績報告時の提出書類

提出書類
1 助成事業等実績報告書(様式第6号)(ワード:14KB)
2 事業実績書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)※変更があった場合のみ
4 助成金等精算書(共通様式第12号)(エクセル:21KB)
5 工事に係わる支出を証明する書類の写し
6 工事の完了後の写真(着工前と比較できるもの)
7 誓約書(様式第7号)(ワード:20KB)
8 同意書(様式第8号)(ワード:20KB)
9 助成金支払請求書(様式第9号)(ワード:20KB)又は(助成金受領委任支払請求書(様式第10号)(ワード:22KB)※交付確定後に提出
7_FAQ|よくある質問
FAQ|よくある質問(PDF:129KB)

 

〇室蘭市内の空家をお探しの方
室蘭市と協定を締結している、公益社団法人北海道宅地建物取引業協会室蘭支部又は全日本不動産協会北海道本部へご相談下さい。

【公益社団法人北海道宅地建物取引業協会室蘭支部】http://www.takken-muroran.jp/wordpress/

【公益社団法人全日本不動産協会北海道本部】http://hokkaido.zennichi.or.jp/

 

老朽空家等活用支援助成事業の概要
1_制度内容及び手続き方法
手引き⇒「老朽空家等活用支援助成事業」(PDF:912KB)

2_対象となる人は?
1_室蘭市内居住している方又は居住を予定している方

2_市税等を滞納していない方

3_暴力団の構成員でない方

3_対象となる工事は?
建設業法(昭和24年法律第100号)第2条第3項に規定する建設業者又は建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成12年5月31日法律第104号)による解体工事業登録されている者が行う、空家およびその敷地内に附属する工作物(門、塀、樹木等)の解体工事。

4_対象となる条件は?
1_特定空家等のうち特に危険等の切迫性が高いと市が認める空家であること

2_公売等又は無償譲渡により土地とあわせて取得した空家であること

3_居住誘導区域外においては解体後に居住を目的とした活用をしないこと

4_解体工事は年度内に完了すること

5_助成金の金額は?
対象工事費の10分の9、最大150万円を助成します。

6_提出書類は?
1_申請時の提出書類

提出書類
1 助成金交付申請書(様式第1号)(ワード:18KB)
2 市税等納入状況等確認同意書(様式第2号)(ワード:20KB)
3 事業計画書(様式第3号)(ワード:17KB)
4 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
5 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
6 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
7 請負契約書等の写し
8 現況の写真
9 対象空家等を取得したことを証明する書類(登記全部事項証明書又は土地・建物売買契約書の写し)
10 代理人が手続きを行う場合は委任状(様式第4号)(ワード:13KB)
11 申請者が施工業者に助成金の受領を委任する場合は助成金受領委任状(様式第5号)(ワード:21KB)
2_変更申請時の提出書類

提出書類
1 助成事業等変更承認申請書(共通様式第7号)(エクセル:18KB)
2 事業変更書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
4 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
5 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
6 変更となる工事の内容がわかる書類(図面等)
3_実績報告時の提出書類

提出書類
1 助成事業等実績報告書(様式第6号)(ワード:14KB)
2 事業実績書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)※変更があった場合のみ
4 助成金等精算書(共通様式第12号)(エクセル:34KB)
5 工事に係わる支出を証明する書類の写し
6 工事の完了後の写真(着工前と比較できるもの)
7 誓約書(様式第7号)(ワード:20KB)
8 同意書(様式第8号)(ワード:20KB)
9 助成金支払請求書(様式第9号)(ワード:20KB)又は(助成金受領委任支払請求書(様式第10号)(ワード:22KB)※交付確定後に提出
7_FAQ|よくある質問
FAQ|よくある質問(PDF:96KB)

引用元:室蘭市空家活用促進助成金

各地域で補助額や、期間、名前が違います。 けど、解体工事の補助金について相談したいと市区町村に相談すると丁寧に教えてくれることが多いと思います。

空き家の解体費用は?

空き家の解体費用の相場がありますが各地域によって違います。
それでも、工事期間、重機の手配料、廃棄処理の料金、足場代、粉塵対策養生費用、人件費などもろもろがかかります。

ほとんどの場合が100万円~300万円くらいかかるので大きな金額ですよね。

それでも、相見積もりを取ることで、数十万円~100万円近くの金額の差がつくことがあります。

忙しくて人で不足とか、得意な解体工事、解体に必要な重機を所有している、していないなどによって見積もり費用が変わりますので、信頼できる解体業者に複数相見積もりするのはとても大事です。

>>>無料で相見積もりを取ってみる<<<

解体工事でトラブルを避けるためのポイント 3選

解体業者 トラブル

  1. 粉塵の対策
  2. 騒音・振動の対策
  3. ご近所さんの家の損傷・駐車場の対策

1の粉塵について

解体工事をするときは必ず粉塵が出ます。なので、粉塵対策で養生作業をしてもらいます。

ですが、ご近所さんにご挨拶して理解をしてもらえるようにする気配りが必要です。
解体業者さんもご近所さんに挨拶をしていただけますが、あなたもご近所さんに解体工事するにあたっての粉塵の発生についてご迷惑をかけることをお詫びするのがおすすめです。

ご近所さんにお互いさまと感じていただけるように事情を少し話されるのが良いかもしれません。

2の騒音・振動について

解体業者は、騒音・振動についての対策として、平日、8時から17時の間で解体工事を行うなど、ご近所さんにできるだけ迷惑をかけないように日程の計画を立てます。

依頼主としては日程に余裕を持つことで、工期の遅れによる長時間作業を避ける落としどころになると思います。

解体工事は、騒音、振動がでる重機を使用するので、どうしても騒音と振動が大きくなります。
なので、少しの配慮を忘れないことが大事になるでしょう。

3の家の損傷・駐車場について

解体工事をしていると、隣の家に工事中に出た破片がご近所さんの敷地に飛び、破損する可能性があります。
解体工事をする業者も細心の注意を払って工事をしていますが、もし、隣人の敷地内で損傷が発生した時に保険があるのか?など、見積もりをするときに業者に問い合わせてみるのはどうでしょう。

優良な解体業者を選ぶときの選定基準になる可能性が高いです。

金額も大事ですが、何かあったときの安心感も見積もり費用に入っていることを忘れないのがポイントです。

解体工事で悪徳業者に気を付けるポイント 3選

解体工事 悪徳業者

ずさんな工事や不法投棄、近隣トラブル、必要以上な高額請求のトラブルが発生しています。

タウンワークで解体業者を『エイ・ヤー!』と選んでも優良業者かどうかは運になります。

運の確立を上げるためにも、信頼できる相見積もりを取れるサービスを利用することを常に心がけてます。

悪徳業者を避けるために心がけている3つのポイントをシェアします。

  1. 現地調査の対応の時に煽るような話し方をする。説明が不十分に感じる。
  2. 工期が極端に短い、費用が激安、廃棄処理対応の明示がない。
  3. ○○一式などの使い道が不明瞭な見積もりになっている。

上記のような解体業者は避けるように心がけています。

後気を付けることは、少しでも違和感があったらトラブルを避けるために解体工事の依頼を中止する勇気も必要です。

解体工事

解体業者のおすすめの見極め方 3選

解体業者 おすすめ

解体工事のトラブルは多いですが、情報を収集して解体業者の探し方をしっかり準備するのがおすすめです。

友達や、知人、不動産屋に仲介してもらって業者を選ぶと、中間マージンの費用が掛かります。 違和感があっても、身近な人からの紹介だと断りにくいですよね。

なので、第三者の目線で2社から3社の解体業者に見積もりを取るのが失敗しない解体業者の探し方だと感じてます。

解体業者のおすすめの見極め方の3つのポイントをシェアします。

  1. 相見積もりを2社以上でする。
  2. 市区町村で補助金について相談する。
  3. 違和感を感じたら解体工事を断わる考えを提示しておく。

解体工事は大きな金額が動くのでしっかりと事前準備をして適正な価格で工事を完了する解体業者に出会える手段を探すのがとても大事です。

 

北海道室蘭市の解体業者を探し方に対応した地域

北海道室蘭市
石川町  入江町  絵鞆町  大沢町  小橋内町  海岸町  香川町  柏木町  神代町  港南町  港北町  御前水町  寿町  幸町  栄町  崎守町  沢町  清水町  祝津町  新富町  陣屋町  高砂町  高平町  茶津町  中央町  知利別町  築地町  天神町  常盤町  中島町  中島本町  仲町  西小路町  白鳥台  八丁平  東町  日の出町  舟見町  母恋  幌萌町  本町  幕西町  増市町  御崎町  水元町  緑町  宮の森町  みゆき町  本輪西町  山手町  輪西町

まとめ

解体工事のトラブルや、悪徳な解体業者が淘汰されていないのが現状です。

しかも、解体工事は、100万円~300万円かかる見積もり結果になる可能性が高いです。
解体工事は、大きな金額で失敗できない人がほとんどだと思います。
ローンを組めるのとか、補助金を活用できるとか、よく考える必要があります。

北海道室蘭市の解体業者の探し方のポイントは次の5つです。

  1. 第三者目線
  2. 業者への無料キャンセル代行のサービスがあり
  3. 専門アドバイザーへの相談は無料
  4. 見積もり取得後も無償でサポート
  5. 優良業者のご紹介も無料

上記のようなサービスがある信頼できそうなサイトで相見積もりするのはどうでしょう。

管理人おすすめ
解体業者を探す方法
↓↓↓↓↓

解体工事

タイトルとURLをコピーしました